SDGs

SDGsへの取り組み

scroll down

Initiatives for SDGs

SDGs推進宣言

株式会社工房は、SDGsの趣旨に賛同し、
事業を通じて社会的課題の改善に努めます。

また、従業員及びサプライチェーンの人権保護、事業活動が環境に与える負荷を削減する事、
利益の一部を慈善活動に役立てる事を継続的に取り組み、将来に責任を持つ社会を創るために努める事を宣言します。

2022年2月28日
株式会社工房
代表取締役社長 成田 明正

工房は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

SDGs一覧

持続可能な開発目標(SDGs)とは

About SDGs

“持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

※外務省ページ(https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html)より抜粋

具体的な取り組み

Specific efforts for SDGs

01

環境への配慮

SDGsの7,12,13,14,15番
  • 事業所の電力使用量を計測、把握し、エネルギー使用量抑制に取り組みます。
  • 照明のLED化を推進し、エネルギー使用量抑制に取り組みます。
  • 社用車のEV化、HV化により、温室効果ガスの排出量抑制に取り組みます。
  • パソコン及び周辺機器の処分について、適切な処分事業者を選定し、リサイクル、リユースに取り組みます。
  • ペーパーレス化やリサイクル用紙・FSC認証用紙の使用により、資源節約に努めます。

02

労働環境の整備・維持

SDGsの3,4,5,8番
  • テレワーク、時差出勤、短時間制社員制度など、多様な働き方を導入しています。
  • 残業時間量別社員数を把握し、業務負荷の偏り防止に努めています。
  • 出身国以外に勤務する従業員について、一定条件下で出身国でのテレワークを認めます。
  • 従業員の有休取得率の向上に取り組みます。
  • 従業員相談窓口を設置し、ハラスメント行為の防止に取り組みます。

03

サービスを通じた社会貢献

SDGsの8,9,11番
  • バス利用促進につながる製品を開発し、地域公共交通の活性化に貢献します。
  • バス時刻表情報等のオープン化、高速バス予約システムの開発・運営を通じて、誰でも公共交通にアクセスしやすい社会づくりに取り組みます。
  • 省エネルギー性の高い家造りを行い、エネルギー使用量抑制と、ヒートショックによる死亡事故防止に取り組みます。

Contact

導入に関する各種お問い合わせはこちら