トップ
製品情報

収入金システム

About

窓口それぞれで日々の収入を確定させます。

事業者さまの複雑なお金の動きを、日次と月次で〆て集計するシステムです。定期券やバス関連グッズの売上データも取り込めますし、特急券や車内補充券、出札補充券など各種乗車券にも対応。鉄道バス会社間の相互精算も可能です。

  • 売上データ登録・取込
  • 在庫管理
  • 日次・月次締処理
  • 帳票出力
  • 各種データ連携

Feature

システムの特長

  • 売上データ登録・取込
  • 在庫管理
  • 日次・月次締処理
  • 帳票出力
  • 各種データ連携
  1. 01

    経理システムとのリンクを含め、個別のニーズにカスタムメイドでお応えします。

    何がどのくらい売れたのか、どの窓口の〆が終わっていないかなど、毎日の収入に関わる動きを、本社で確認・管理できるので、業務の効率化とガバナンスの強化に直結します。
    収支・決算業務は事業者ごとに異なり、経理システムとの連携も不可欠の為、様々なご要望にお応えします。

  2. 02

    画面は一つに集約

    販売実績や在庫管理の不要なデータは、一画面で集約した入力が可能です。
    後払いもしくは後払い回収が発生した場合も処理が可能となり、現金有高に対してクレジットカードや商品券等による金額調整を行うことも可能です。

  3. 03

    仕訳のマスタ化

    仕訳パターンをマスタ化する事で、収入の種別によって、発売入力の段階で、自動的に仕訳データを作成します。作成されたデータは、CSV出力可能なので、会計システムへの受け渡しができます。

  4. 04

    各種機器との連携

    駅務機器、バス運賃箱等、データ取り込みできるものは、入力の必要がありません。 有高と取り込みデータの誤差が発生した場合には、有高を正とし、差額を按分することも可能です。サイバネティクス協議会にも加盟しておりますので、パスモデータを直接加工する事も出来ます。

  5. 05

    様々な帳票出力も可能

    基本的な必要帳票は網羅していますが、会社さまによってほしい帳票は異なる為、求めるレイアウトの帳票がカスタマイズ可能です。稼働後でも必要に応じて追加が出来ます。

製品仕様

Spec

  • OS
    Windows 8.1以降(Pro) 
    ※Mac, Linux等Windows以外不可(バージョンアップ端末は要確認)
  • CPU
    Intel Core™ i5以上
  • HDD
    128GB以上(SSD可)
  • メモリ
    8GB以上を推奨
  • その他
    Microsoft Office(Word, Excel)

Contact

導入に関する各種お問い合わせはこちら