全国の高速バス事業者さまにご利用いただいている『発車オーライネット』
 
「全国145社・430路線以上」抜群の実績を誇ります。
 

一般にも広く知られている『発車オーライネット』は1999年6月、私たち工房がわが国で最初にサービスを開始した「高速バス乗車券のネット予約ポータルサイト」です。以来21年、先見の明と先進の取り組みが広く認められ、今では全国の高速バス事業さまのほぼ9割に導入いただいています。取り扱い路線も430以上で、1日3,000便・10万座席の予約が可能、登録会員数430万人以上という圧倒的な実績を有しています。

 
便利だから、使いやすいから、乗客の皆さまと高速バス事業者さまの双方にメリット。
 

高速バスや定期観光バスに乗りたいと思ったら、スマホやタブレット、パソコンで『発車オーライネット』にアクセスするだけで、全国のほとんどの路線・便・座席を検索・予約できます。先発の知見と経験をもとに、見やすく・使いやすく・便利に設計されていることから、新規登録会員、リピーター、座席予約数のいずれも順調に伸び続けています。
さらに、JTB、じゃらん、楽天トラベルなど集客力のある旅行サービスサイトやコンビニなどでのチケット予約購入も可能です。バス事業者さまは、販売機会・販売チャネルが拡がり、空席の低減と収益の向上につながります。

 

オプションモジュール

駅でも空港でも観光地でも即発券
「自動券売機」
 

shinji_3.jpgマルチメディア端末型の自動券売機に『発車オーライネット』を組み込み、予約済チケットの発券、新規予約発券、一般乗車券の販売ができます。現金決済とクレジットカード決済に対応しております。

成田空港、仙台駅、河口湖をはじめ全国の主要な空港・駅・観光地に設置され、窓口の混雑緩和に貢献しております。多言語表示により、外国人観光客の利用者も多く、窓口とネットに次ぐ新たな販売チャネルとして導入される事業者さまが増えています。

手仕舞いの概念をなくす
「タブレット版電子座席表」
 

shinji_4.jpgドライバー、ガイド、ポーターなど乗務員さんのための「ひと目で分かる電子座席表」です。座席とお客様の乗り降り、料金の支払いといった運行に必要な情報がタブレットに分かりやすく表示され、タッチパネル方式の簡単な操作で、改札業務が簡素化されます。

新規予約、変更、キャンセル等もリアルタイムで反映されるため、手仕舞いがなくなります。

きめ細かくデータを出力
「データ分析ツール」
 

shinji_5.jpg

「発車オーライネット」は、基本的な帳票の出力機能を備えていますが、この『データ分析ツール』を付加すれば、いっそう詳しい情報を必要な時に必要な帳票形式で出力できます。例えば、運行前の便ごとの発売状況、昨日の実績、昨年の同時期の実績、あるいは券種別、販売チャネル別、乗降地別など、多種多様な情報を多角的にキャッチできるので、増便や減便、適正な配車等、事業プランの検討・計画に役立ちます。