30年以上前から『発車オーライネット』と『発車オーライ』を使われていますね。
 

高速の『発車オーライネット』は、親会社の徳島バスが全国に先駆けて導入した流れを受けて、当社もいち早く導入しました。貸切の『発車オーライ』も同じ頃から使い続けてきたので、「工房のバスシステムの進化と一緒に歩んできたバス会社さんの代表格ですよ」と、工房の成田社長からも嬉しい言葉をいただいています。 30年以上になるので、社員にとって『発車オーライネット』や『発車オーライ』は、もう「あって当たり前」の感覚なんです。万一なくなることがあったら、その時にはじめて不便だと気づくだろうと、それくらい日常の業務でごく普通に使っています。

使い勝手という点ではいかがでしょうか。
 

『発車オーライネット』と『自動券売機』は毎日、多くの高速バス利用者の皆さまにご利用いただいているので、顧客満足度は高いと感じています。 『発車オーライ』に対しては、現場から「線引台帳画面が分かりやすい」「紙の台帳と違って、知りたい運行情報をすぐにキャッチできる」といった声があがっています。何より、受注から請求までのすべてを一貫して処理でき、1ヶ月単位で集計を取れるのが便利ですね。

最後に、工房へのご意見・ご要望をお聞かせください。
 

長年のおつきあいを通してリレーションを深めてきた経緯もあり、『こうしてほしい』『ここが使いにくい』といった問題は、ちょっとしたことでも話すようにしていますし、迅速に対応していただいています。安心して何でも相談できるので、例えば画面のレイアウトや集計したい項目など、きめ細かく要望に応えてもらえて助かっています。 まさに『安心と実績』の一言に尽きます。 あえて言うとしたら、もっと柔軟にカスタマイズできたらいいですね。年々、機能が増えてシステムが進化しているだけに、より当社の状況に即したカスタマイズを期待しています。

ありがとうございました。